FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人のため、自分のため

時間湯にいると人の見方が変わってくるのだと気が付きました。
時間湯では自分の良いところを発揮しつつ、人に助けてもらいながら生活していきます。どこでも一緒、と思われるかもしれませんが時間湯は不思議なところです。身体に溜まった悪いものを引き出すのと同時に、心もさらけ出されるというか、それまで隠していた良くない面も自然に出てきます。そして心も綺麗になっていくのだと思います。草津時間湯に来て私も心が洗われている一人です。
身も心も生まれ変わることが出来たらそれこそが健康であると言えるでしょう。
悪い面が出てしまう自分でも周りの人が温かく受け入れてくれたり、直すべき所を直せるように軌道修正をはかってくれたり…すると自分も人を許したりとか認めたりすることが自然に出来るようになるものなのかもしれません。
そうすると思いやりのある目で人を見られるようになっていくのだと思います。例えば仕事をのんびりとしかこなせない同僚がいたとして、「どうしていつも遅いんだ!」ではなくて「一つ一つが丁寧なんだ、きっと真剣に取り組んでいるからだ」と思ってあげること。あるいは、物覚えの悪い人がいたとして「出来ない事」を責めるのではなくて、「やる気があるか」を見てあげること。プラスに考えられると自分も相手も気が楽だし、上手く付き合っていけるのだと思います。すると周りも穏やかでいられると思います。悪口なんていうのも、言うもんでも聞くもんでも無い、ですからね。どうせなら、気持ちが良いことして、澄んだ心であるべきでしょう。
人のため、が空回りして辛い思いをすることもあります。でもそれは悪いことではなくてちょっと方法が違ったり上手く相手に伝わらなかっただけで、とても素晴らしいことをしたのだと言えるはずです。人のために起こす行動は、きっと自分に返ってきます。ただ、始めから見返りを求めていては返ってくるものも返ってこない、かもしれませんね。
また、人のためにと思ってやることにはどこまでと言うのは無い、とある入湯者の方に教えていただいたことがあります。今になるとその意味が分かる気がします。その時はわからなくても後々になってふとわかることも沢山ありますよね。

せっかく生きているのだから幸せ感じながら晴れた気持ちで毎日を過ごしていたいものですね。
スポンサーサイト



| 未分類 | 12:08 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT