FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

愛のある怒り方

地蔵の湯前の公園工事は進んでいます。今年も春がやってきて、時間湯にも新たなお客様がいらっしゃることでしょう。みなさんの心にもあたたかい春が訪れますように。

ところで、愛のある怒り方とそうでない怒り方がある、という話について書き込みたいと思います。
これは家族に限らず、仕事上でも当てはまる事だと思います。
怒らないで済めば一番かもしれないけれど、時にそれは必要不可欠なものだと思います。相手にわかってもらいたい、道を正してもらいたいと思う時、あえて厳しく伝えなくてはいけない事があると思うのです。どうでも良ければ怒りません。諦めている人には怒る気も生まれません。わかって欲しいから、しっかり良い方に進んでもらいたいから怒るのです。それが“愛のある怒り方”だと私は思っています。
それは“叱る”と表すのが適切かもしれません。“怒る”はその時の感情で相手にあたる、という意味が強いと思いますので。

みなさんはどう感じるでしょうか。
スポンサーサイト



| 未分類 | 17:42 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT