FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

輝く命

この間、湯長さんと話をした事について書き込みます。
みなさんは飯島夏樹著の『天国で君に逢えたら』という話を知っていますか?
プロのウィンドサーファーが苦労して実績を残し、家庭を築きました。しかしその身体は癌に侵されていました。その人が、余命をどう生きたか、という話です。
『ライフ』という題で、映画化もされました。
自分で選んだ道に悔いを残さない。それは人生も湯治も同じですね。病む前も、病んでからも、悔いを残さない!
時間湯にも限られた時間、残された時間を生きる為に訪れる人が沢山います。そんな人達と過ごしていると、いつの間にか自分も必死で生きています。
自分に関しても人に関しても、決して不幸に慣てはいけない。

諦めないうちは、道は続いている。

湯長さんのお言葉をお借りして、皆さんにお伝えさせていただきました。何かお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト



| 未分類 | 22:45 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT