2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

≫ EDIT

考えること→思いやりに

病気は、考えなければただの不幸。考えれば財産となる。
心に響く言葉でした。

普段は意識しないと考えないで過ごしてしまいがちだと思います。ですが、今の苦しみや痛みが自分にどんな意味を投げ掛けてくれるのか、その経験が何に活かせるのか、考えなければ通り過ぎるだけで身に付きません。成長もありません。
自らの痛みを人の痛みを理解するための材料とし、人を労る。思いやる。言葉でわかっていても、なかなか出来ない事かもしれません。ですが常に目指すべき事と思います。

ここ1年半、大切な人との別れをたくさん経験しました。また新しい命との出会いもありました。

普段は忘れがちですが、大切な人と一緒にいられる時間がいつまでも続くとは限りません。
元気だからとしばらく会わずにいたら、もう二度と会えなくなってしまった。
闘病生活の中でずいぶん痩せ細った姿に、そばにいられなかった時間を悔やむ気持ちになった。

人は様々な経験を積んで人としての厚みや優しさを身に付けると思います。
人を批判し、傷付けるのは簡単。でも傷を癒す事ができる人は貴重な存在。
一緒の時間は永遠に思えて実は一瞬です。しかし、一瞬のぬくもりが心を永遠に温め続けます。
心温まる人間関係を大切にしていきたいです。
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:08 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月