2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

よい生き方とは?

自分が善か悪かはわかりませんが、よい人間でいたいと常に思います。

少し前まで‘善’とは単に皆に喜ばれること、悪い行いがあってもよくなると信じてあげることだと考えていました。それはある意味期待や逃げの考え方であり、本当はもっと深い意味があるのだと今は思います。
全ての人に喜ばれることは無理だと思います。それより大切なのは、人が人の道を外していたら指摘し叱ったり時には見守ったりして道に戻してあげることだとわかったからです。
皆によいイメージを持たれることを目指すなら、それは八方美人な人でしょう。
本当の意味でよい人間がいるとしたら全ての人間の道を正せる人だと私は思います。
何にも囚われず。特に自分に執着しないことこそがよく生きる秘訣だと思います。全てのものの幸せを願う心が平和を創ると思います。意識してもなかなかできることではないですが、意識はするべきと思います。
生きるために自分の心を偽らなくてはいけないこともあるのかもしれませんが、心に嘘をつかなくて済む世の中であったら良いです。
全ての人は正しく真っ直ぐ生きたい気持ちを持っていると信じていたいです。
スポンサーサイト

| 未分類 | 12:01 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月